プライバシーポリシー

個人情報保護方針

当社は、昭和46年8月(1971年)の設立以来、情報サービス業を営んでおり、お客様からお預かりする個人情報を含む多種多様な情報を取り扱っています。このことから、当社の企業として果たすべき「責任」は重大であり、かねてより個人情報保護に対し適切な「情報管理」を掲げ、その徹底に努めてまいりました。このような経緯を踏まえ、当社ではこの個人情報保護方針を定め、個人情報の必要かつ適切な保護を行い、維持することに努めます。当社の役員、社員、派遣社員、臨時雇用者を含む全ての従業員は、個人情報の取扱いおよび管理に際し、必ず本方針を遵守します。

本方針が対象とする個人情報は、当社の事業活動において取り扱うすべての個人情報とし、当社の従業員に関わる個人情報を含みます。

  1. 当社は、個人情報の取扱いに関し、日本産業規格「個人情報保護マネジメントシステム‐要求事項」(JISQ15001)に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを策定し、管理者の下、適切に運用すると共に、定期的・継続的に評価と見直しを行い、その改善に努めます。
  2. 当社は、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針およびその他の規範を遵守します。
  3. 当社は、個人情報を含む多種多様な情報を取り扱う情報サービス業を各事業所で営んでいることを考慮し、個人情報保護のための管理体制を確立し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わず、かつ、そのための措置を講じるとともに、個人情報の取得、利用及び提供において所定の規定に従い適切に取り扱います。
  4. 当社は、個人情報を第三者に提供する場合は、あらかじめ本人の同意を得るなど適切な処置を講じます。
  5. 当社は、個人情報の取扱いを外部に委託する際は、委託する個人情報を必要最小限に絞りこむと共に、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、委託先においても個人情報の安全管理が図られるよう、適切な契約の締結と監督を行います。
  6. 当社は、個人情報の正確性及び安全性を確保するため、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損等のリスクに対して合理的な安全措置を講じ、防止及び是正に努めます。また、最新の技術動向に合わせた管理策を用い、予測可能なリスクに対する防御措置を講じることにより、個人情報保護の有効性を維持・向上させます。
  7. 当社は、本人からの個人情報取扱いに関する苦情および問合せに対して、適切かつ迅速に対応いたします。また、本人からの当該個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用または提供の拒否などの要望に対しても、迅速かつ適切に対応いたします。

制定年月日:2002年12月20日
最終改定年月日:2019年8月5日
株式会社カンテック
代表取締役社長 桂 耕史

【受付窓口】当社の個人情報の取り扱いに関する苦情、相談等の問合せ先

〒190-0012 東京都立川市曙町2-34-7 ファーレ イーストビル4階

 株式会社カンテック 総務部
電話:042-521-6301 FAX:042-521-6731
E-mail:info@kantec.ne.jp
※受付時間:平日9:00~17:45(土日祝祭日、年末年始は除く)

情報セキュリティ基本方針

株式会社カンテック(以下「当社」といいます)は、種々のサービスに積極的に取り組み、お客様のPartner Companyとして最適なデータソリューションを提供しています。
当社は業務を営む中で、お客様に安心してご利用いただける価値あるサービスを提供していくためには、情報セキュリティに取り組むことがきわめて重要な責務であると認識しております。
この考えのもと、事業活動のために保有または利用する情報資産を盗難、改ざん、破壊、漏えい、不正アクセス行為等の脅威から保護し、適切に管理・運用を行うための指針として、情報セキュリティ基本方針を定めます。当社事業に関わるすべての従業者が本基本方針に従って業務に携わることを宣言いたします。

        1. 情報セキュリティマネジメント体制の確立
          「情報セキュリティは、当社の経営上きわめて重要な課題のひとつである」との認識のもとに、情報セキュリティマネジメントシステムを推進する体制を構築し、情報セキュリティの維持、向上に取り組みます。
        2. 法令、国が定める規範および契約上の要求事項への適合
          情報セキュリティに関連する法令、国が定める規範又は契約上の義務ならびにセキュリティ上の要求事項に対する違反を避けるため、これらの要求事項を明確にして適合するための対策を講じます。
        3. セキュリティ対策の実施
          リスクアセスメントを含むマネジメントシステムを確立して情報資産の機密性・完全性をはかり、また可用性に対する脅威から情報資産を保護するための対策を講じます。
        4. 見直し
          経営環境の変化、社会環境や法規制の変化、情報関連技術の最新動向および新たに発見されたリスクに照らし合わせて、本基本方針を含めた規定の適宜見直しを行い、継続的な改善を行います。
        5. 情報セキュリティに関する教育・訓練
          役員を含む全ての従業者に対して、情報セキュリティの重要性、情報資産の適切な取り扱いおよび管理に関する教育・訓練を行い、情報セキュリティマネジメントシステムの周知・徹底を図ります。
        6. セキュリティ事故発生の予防と対応
          情報セキュリティ事故の発生予防に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。

制定年月日:2010年8月9日
最終改定年月日:2019年5月12日
株式会社カンテック
代表取締役社長 桂 耕史

Top